上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プログをやっていて初めて、嬉しい相互リンクをしてもらえることになった。
下でも紹介した、マロンさんの「DAYS REINA」というブログです。
基本的には田中れいなちゃんのファンサイト内のブログだから、彼女のことが中心だけど、今回のことがきっかけで、また響江さんの記事を書いてくださった。
http://days.reinatanaka.jp/?day=20080112

芸能記者をしておられるそうで、忙しいのにほぼ毎日のように更新されていて頭が下がる・・・・
おまけに文才もあって(プロだから当たり前か)、芸能というものを 考えさせられる、大変興味深いプログです。
右側のリンクコーナーにも貼ってありますので是非皆さんも訪れてください。
しかし響江さんの付き合っている人達は(少ししか知らないけど)、素敵な方が多いと思う。類友だろう。

さて、上のリンク先の記事・・・・
響江さんが子供時代に苦労していたというのは初耳だけど、何となくストン、と腑に落ちたのはなぜだろう。
ファンになってもう5年以上経つけど、響江さんってほんとに、語らない人だから、わからないのである。
芸能人なのに自己アピールにあまり重きを置いていない。
良くも悪くも。
それでちょっと歯がゆくなってしまう時も、なきにしもあらずだけど、でもマロンさんの文章読んでしみじみ思ったのは、やはり基本は私が感じ取ったとおりの人であるということ。

これからも私の響江さん観察は続く。
有り難い出会いに感謝です。

いやーよかったよかった。感涙ですわ。
今日の「大人の自由時間」の放送のエンディングで花束渡された時にもう、ピン!ときましたよ。

関係ないけど、
新芸名で検索していたらこのような記事を見つけました。
中学時代の同級生の方のようですが・・・
歌手時代の辻沢杏子の出遅れファンの私としては、
「へーこんなことがあったんだ・・・」と興味深く読みました。
http://days.reinatanaka.jp/?day=20071111

色々あって、今の幸せを掴んだ響江さんだからきっと幸せになれる筈。
おめでとう!!
「態度でかいが気は小さい」辻沢響江です、の挨拶はよかった。
初めて笑ったかも。

響江さんのスタイリストさんの記事です。
http://plaza.rakuten.co.jp/loveyuko516/diary/200712220000/

この回の服装・・・個人的には上のジャケない方がよかった。
できればもうちょっと若作りでお願いしますー!
ゲスト三枝成彰・健起兄弟。
演出家さんと作曲家さんだそうだが、私はどっちも知らない。
テーマがセカンドライフだから、ある程度年輩のゲストに限られるんだろうな。

さて響江さんである。
眼鏡かけるとオーラが目減りすると思うけど、他の人はどう思ってるんだろ。
デザインのせいかもしれないが老けて見えた。

三田寛子が梨園に嫁いでから眼鏡をかけてテレビに出るようになって、
「(彼女は)あるところから下りた」←タレントの責務みたいな事だと思う
「完全な安全地帯に入った」←テレビに出るのに理由付けがいらなくなった
と評していたコラムニストがいたけど・・・・
要するにタレントの
「私はこういう者である」「こういうスタンスでテレビに出ている」
無言の自己申告として読み取られてしまうわけだ。
タレントの眼鏡とはそういう記号の意味を持つわけである。

で、響江さんはどういうつもりなのだろうか。
意味なくかけていたのなら、ちょっといろんな意味で無防備に思えたけど。
美人すぎて邪魔にならないようにか?
眼鏡をかけると「よーく見たら、美人」程度になるしな。

なんだよ~!

http://eigasai.shinkaichi.or.jp/crosstalk.html

こんなのが神戸であったとは・・・・

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。