上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲスト三枝成彰・健起兄弟。
演出家さんと作曲家さんだそうだが、私はどっちも知らない。
テーマがセカンドライフだから、ある程度年輩のゲストに限られるんだろうな。

さて響江さんである。
眼鏡かけるとオーラが目減りすると思うけど、他の人はどう思ってるんだろ。
デザインのせいかもしれないが老けて見えた。

三田寛子が梨園に嫁いでから眼鏡をかけてテレビに出るようになって、
「(彼女は)あるところから下りた」←タレントの責務みたいな事だと思う
「完全な安全地帯に入った」←テレビに出るのに理由付けがいらなくなった
と評していたコラムニストがいたけど・・・・
要するにタレントの
「私はこういう者である」「こういうスタンスでテレビに出ている」
無言の自己申告として読み取られてしまうわけだ。
タレントの眼鏡とはそういう記号の意味を持つわけである。

で、響江さんはどういうつもりなのだろうか。
意味なくかけていたのなら、ちょっといろんな意味で無防備に思えたけど。
美人すぎて邪魔にならないようにか?
眼鏡をかけると「よーく見たら、美人」程度になるしな。

スポンサーサイト

コメント

舞台見てみたい(^^;)

 学生の頃にヘンリック・イプセンの「人形の家」っていう戯曲を観ました。本格的な舞台を観たのはあれが初めてだったように感じます。女性の社会進出という意味においては記念碑的な作品だったそうです。主人公のノラの役にはアマチュアの女性が扮していたけど、それでも感動的な舞台でした。
 エンディングが、離婚という結末だから、結婚したばっかりの響江さんにこの役を望むのは叱られそうだけど、一度ノラを演じる響江さんをみてみたい気がします。ノルウェーでは通貨の顔にもなったイプセンの世界的な戯曲を響江さんが演じる・・・。それがロングランになったら素晴らしいことですよ。。。
 ここではHNを変えましたが、私はシーマです。
尊敬する桔梗さんのブログでは今後もベルイマンでいきますのでヨロピクネ!

シーマさん、いやいやベルイマンさん^^;コメントありがとう♪

そうですね、響江さんって、女優でしたね(殴)
↑こんなん尊敬できます?(汗)

いやそれは冗談にしても、舞台や演劇に関してはバカ同然なので(>_<)、またいろいろ教えてください。
このテの話に強ければ、もっとあちらで盛り上がれるのになぁーと残念です。
ベルイマンさんは話題豊富でいつも感心しています。今後も色々なお話楽しみにしています♪

私は「バカのソナタ」です(^^)

 イングマール・ベルイマンってのはスウェーデンの映画監督なんです。といってもハリウッドの映画監督とは根本的に違っており、人間の内面を、「これでもか!」って具合にえぐり出すような映画を作っていた人です。恋愛ものなんかも多いのですが、浮ついた純愛ではなく、男と女の根幹を描いているので、結構エグい作品が多いですね。(受け売りだけどね(笑))
ちなみにイングリッド・バーグマンもスウェーデン語で発音するとベルイマンになるそうです。(これも受け売り)ベルイマンにはリヴ・ウルマンっていう奥さん(愛人かな!)がいて、彼女とのコンビ作が多いんですが、中でも「秋のソナタ」とか「叫びとささやき」なんて物凄い映画だから機会があったら見てみて下さい。

 しかし、演技力のある響江さんが舞台に立てばそれだけでも感動します(タイ子さん役で立証済み)。ドラマだけじゃなく、舞台でも輝きを発揮できる数少ない女優のような気がしてなりません。永く大衆に親しんでもらえるような舞台演劇と巡り合って欲しいなーーー。杉村春子の「女の一生」とか森光子の「放浪記」のような代名詞をつかみ取って欲しい。それが「人形の家」のノラ役なら最高ですね。

ベルさん(省略すなてか;)、サザエさん観に行ったんですか?いいなー。
舞台、私はちゃんとしたのには行ったことないんですが(リテイクには行きましたが、あれはちと特殊でしたし)今度は行ってみたいと思います。
いつか響江さんの舞台でお会いできるといいですねー。

サザエさん観てはいません!

 観てはないんですが、演技派女優だから、なんとなく上手いんじゃないかなーって想像です(笑)。少し前までは響江さんに、ハリウッドに行って本格的デビューを望んでましたが、今はそんなことより、永く女優を続けて欲しいって気持ちに変わりましたね(^^)。
ただ・・・折角の女優業だから辻沢響江ならではの作品が出来ることを期待してます。45歳の響江さん、45歳以上の響江さんでなければできないような作品に恵まれるといいですねー。自分に脚本センスがあったら、必ず響江さん作品作ってみたいんだけど・・・。

ところでなんでこのスレッド?^^;

シーマさん(名前戻したん?)、こんばんは♪
えらい下のほうで会話が続いていますが(笑)
響江さんはああ見えて(?)かなり淋しがり屋さんだと思うので、結婚云々の前から単身海外暮らしはしないだろうと思っていました^^;

私は女優さんのファンのくせして演劇方面で熱く語るスキルがないから、このブログ内容もかなり偏ってるし、他のファンの人が立ち上げてくれたらなぁって思うんですよ。
シーマさんどう?(笑)最近ファンブログも激増してるし。
そのあかつきには、宣伝に来てね。つっこみ入れに行くから(いひひ)

無意識にシーマにしていた!

 慣習とはお恐ろしいものです(笑)。
私は演劇は詳しくはないですよ。多少の興味がある程度です。
しかし、響江さんが淋しがりやだなんて、人間らしくていいですねー。私も淋しがりやです(笑)。そのくせ孤独がそれほど嫌いではないんです。
 私もブログ立ち上げようかな~!でも「職場の悪口とか、企業の実態とか、腐った経営者の人間性」なんていう内容になりそうでから辞めます(笑)。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyokokouen.blog98.fc2.com/tb.php/9-a878e028

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。